育児書はある程度の目安でいいこともあります

当たり前のことですが、出産後、子どもとの生活が始まります。

私は専業で子どもを育てました。と言っても、子どもを育てたという意識はあまりなく、日々子どもの成長に合わせて生活をしてきたという感じです。

もともと心配性なので不安だらけだったので育児書はそれなりに読みました。心配になると育児書を見たり、公園に行き始めると仲良くなったママに相談したりしていました。

最近の育児書はかわいく楽しい印象に仕上がっていて、あまり新米ママを追い詰める雰囲気には仕上がっていないと思います。でも、新米ママにとっては、時にそれを読んで心配になったり焦ったりすることがあると思います。

トイレトレーニングの時期、おねしょをしなくなる時期など、成長に個人差が大きいことはたくさんあります。他の子どもが出来るようになったことで、自分の子どもが出来ないのは、自分のママとしての努力や方法が悪いからではないかと思ったりしがちですよね。

けれども育児書に、目安の時期が書かれていたりすると、どうしてもその時期に完了させないといけない気持ちになったり、「遅いね」の母親(自分の母)の一言で焦ったりしてしまうかもしれません。

でも、おむつが必要なくなる時期は来ます。それが他のお子さんよりも遅くても、その子の人生にもママの価値にも影響しません。

大切なのは、トレーニングをするのであれば、おしっこが出るよと教えてくれる、ちゃんとトイレで出来る、その1つ1つをほめることで認めてあげることだと思います。

そのコミュニケーションで、子どもはママとの信頼関係を学び、人とのつながりや、人間性を育んでいくのだと思います。

子どもとの生活は大変なこともたくさんありますが、ママのためになることもたくさんあります。それは子どものためにもいいことだと私は思います。

子どもとの信頼関係が、成長して親元から巣立つときにきっと支えになってくれると信じています。

その時に自分は年を重ねていますが、元気で長生きしたい!子供を影ながら支えていきたいです。

今から健康のためにできることとして、青汁を飲むことにしました。青汁ってたくさん種類がありますよね。なにを選んでいいのやら・・・。

ドクターベジフル青汁 口コミサイトがママさんの口コミだったので買ってみました。おいしくて飲みやすいです。

3ヶ月のみ続けていますが、体調を崩さなくなったような気がしています!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です